ストリームの株主優待、外貨預金の商品、・・・について

「ストリームの株主優待」  お買物割引券を株主優待にしているストリームという会社があります。インターネット通販の会社です。ECカレントなどのサイトを運営しているようです。株主優待が使えるサイトでお気に入りの店が見つかったらかなり嬉しい特典かもしれません。一度運営サイトをチェックしてみるのもいいかも。
「外貨預金の商品」  外貨預金と一口にいってもいろいろあります。海外には日本より金利の高い国はたくさんありますので、本気で探せば魅力的な外貨預金はきっと見つかるでしょう。外貨預金は「外貨定期預金」や「外貨普通預金」がありますので、実際に外貨預金を行うときには両者のメリット・デメリットを把握して行う事が重要です。
「商品先物取引と金」 金は宝飾品としての需要があります。また、資産としての需要もあります。さらに重要なのが、工業用素材としての需要もあります。景気や有事などさまざまなことに、金の価格は影響されます。そのため、商品先物取引でもなかなか難しいのが金なんだそうです。よく知られてメジャー感はありますが、挑戦は気軽ではないようです。

「敷金トラブル」  自然消耗による損耗は家賃に含まれていると考えられてます。ですので、自然消耗したものをリフォームするための費用を敷金から出す必要はないです。ところが、このリフォーム代を巡る敷金のトラブルはよくありがちです。もちろん自然消耗以外の原状回復の義務はありますが、なかなか分かりにくい部分かもしれません。
「CFD取引と消費者契約法」 CFD取引に限った話ではないですが、消費契約法で定められた消費者を守るための仕組みがあります。それは、一定の条件に当てはまる契約の場合、その契約を取り消す事ができるというものです。その条件とは、例えば、告知内容が事実と異なる「不実告知」、確実でないのに確実だという「断定的判断の提供」、マイナス面を伝えない「不利益事実の不告知」などです。ちなみに、契約を取り消すためのこの仕組みには時効もありますので、注意が必要です。時効は、消費者が誤認していたと気付いた時点から6ヶ月、契約から5年です。
「株取引と心理戦」   株取引はいわば心理戦です。ネット取引だと特に相手が見えないのでそういう認識が薄れるかもしれませんが、売る人と買う人の取引です。そこに駆け引きとか、外的なインパクトに対する反応とか、人間の心理に基づいた動きがでてきます。
 ですので、その銘柄を取引している投資家はどんな人か?そしてその心理状況まで思いをはせることを習慣にしていれば、だんだん見えてくるものもあるはずです。

たまにはこんな話題や情報も。愛車を下取りするときだれが査定額の妥当性をチェックするの?ネットには査定が簡単になる仕組みがあります。査定額で業者を選ぶという発想がいまどきの当たり前。三菱/GTO下取り前にの方法が見落とせません。

カテゴリー: おかね   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。